教育体制

警備業務は、お客様のご依頼に応じて施設や人が集まる場所等で人の生命・身体・財産等に対する事故・事件等の発生を警戒し防止する業務です。

人の生命・身体・財産を守るという業務の性質上、新しく警備を始める人には30時間以上の新任研修(基本教育15時間以上、業務別教育15時間以上)を受けることが警備業法で定められていいます。

又、適正な警備業務の実施を図る為、既に警備業務に従事している警備員にも年2回、8時間以上の研修(現任研修)を受けることが警備業法で定めれています。

 

現任研修の様子